室内

ヒビが入ったり割れたりした窓は修理業者に依頼を

窓に優秀なアイテム

男性

断熱だけでなく防音も

日々進化している住宅建材ですが、断熱性能を大きく左右するのは窓とも言われています。実は、窓から出入りする熱は住宅において約半数とも言われており、いくら壁や屋根の断熱性を高めても、窓の断熱性を上げなければなかなか効果を実感することは難しいのです。窓を複層ガラスに変えることはもちろん断熱性を上げることが可能です。しかし今ある窓の内側にもうひとつ内窓をつけることで、それ以上の効果を得ることも出来るのです。例えばシングルガラスをペアガラスに変えることで、窓ガラス自体の断熱性は上がります。しかしサッシ自体の結露は防ぐことは出来ません。内窓はサッシ自体の結露を減らす効果もあり、さらに断熱だけでなく防音効果にも優れているのです。断熱・省エネ・防音効果で選ぶのなら、内窓がおすすめとも言われる理由です。

結露考える

内窓を取り付ける際にも、ガラス部分がシングルかペアか選ぶことが可能です。断熱効果だけで見れば、どちらを選んでも効果は得られますが、結露のことを考えた場合は、ペアガラスの方が結露が付きにくくなります。また、内窓に使用するサッシを木製樹脂にすることでより効果が高くなります。ただし、外窓と内窓の相性によっては、外窓に結露が多くついてしまう場合もあるので注意が必要です。内窓を取り付ける際には、窓枠サイズなどの施工条件と共に業者に調べてもらうといいでしょう。また、内窓を取り付けた場合は鍵の閉め忘れにも注意が必要です。いつもは窓を閉めるときに施錠していたのが、サッシが二重になることで外窓の施錠を忘れがちになります。防犯の面でも気を付けるようにしましょう。